大阪で『DUCK TOUR』の水陸両用バスに乗って観光~バスで川へダイブ!

スポンサーリンク

大阪でちょっと変わったバスツアー『DUCK TOUR』ダックツアーに行ってきました。水陸両用バスに乗って、ザ大阪というノリのいいガイドさんの案内で観光します。

大阪以外では、栃木県の日光・長野県の諏訪湖・長崎県のハウステンボスでもツアーを行っています。

大阪での乗車場は京阪天満橋駅のすぐ北側にある川の駅(はちけんや)にあり、1階に受付がありカフェも併設されているので、時間調整にもちょうどいい場所となっています。

観光コースは川の駅から出発し、大阪城を見てから船として川へダイブし30分のクルージング、扇町から天神橋筋、御堂筋を経由し戻ってきます。冬季は少し距離が短縮されます。

大人 小学生以下 幼児(2歳以下)
3月20~11月30日 3,500円 2,000円 500円
12月1日~3月19日 2,900円 1,800円 400円

出発してすぐにガイドさんのトークは全開!関西以外の方は少しついていくのに戸惑うかも?

このツアーもう大阪ではだいぶ知られていますが、それでもマイクの声も大きく、窓も無いので外の人にも結構聞こえてしまいます。バスの形も珍しいので通りかかりの人からかなり見られるのは必至。

そんなことも想定内でガイドさんのトークは続きます。

そして大阪城を見ながら30分ほどすると次は船でのクルージングです。ここでバスの運転手から船長へ交代し、川へダイブ!なかなかの勢いで川へ入って行きます。

ちょうど帝国ホテルの向かいにある公園から川へ入ります。バスよりさらに低い水上バスも運行しています。

少しすすむと、桜ノ宮橋をくぐります。水面からの距離がわずかなので手が届きそうな位を通過していきます。

造幣局の前を通過します。川に沿ってずっと桜並木がつづきます。造幣局は春になると桜並木の通り抜けが有名ですが、ガイドさんによると大勢の観光客が来るので、水陸両用バスがおすすめですと、宣伝も兼ねて説明していました。

川の駅手前では遠くに大阪城が見えます。

折り返し地点です。中之島の噴水がちょうど稼働しているタイミングに通過です。

同じコースを通って約30分でクルージングは終了で、また船長からバスの運転手に交代して30分のバス観光です。

11月までは90分のコースなので長いようですが、バス⇒船⇒バスと変わり、ガイドさんの爆笑トークもあるので時間もあっという間でした。

当日は11月でも暖かくて良かったですが、ブランケットも用意してあります。ただ、冬季は十分暖かい服装が必須となります。また、雨が降ると車内へ吹き込んでくるので、雨天でも乗車する場合は窓側の方は合羽の準備をおすすめします。

/

/

 

 

スポンサーリンク