沖縄・那覇 駅近で国際通りにも徒歩圏内。リーズナブルに泊まれる『GRGホテル・那覇東町』

スポンサーリンク

沖縄旅行ならリゾートホテルへの宿泊が定番ですが、今回は沖縄国際トライアスロンへ出場のための宿泊でした。

那覇市内が会場だったので、空港からのアクセスと価格重視でホテルを探しました。

旅行会社を検索していると、5月の沖縄はゴールデンウィーク後から末までが価格が安くなっていて、5月下旬の沖縄行きにはちょうどいいタイミングでした。

今回利用した旅行会社は『ジャンボツアーズ』 沖縄に本社がある会社で、JALを利用した格安ツアーも数多く企画しています。

出発は伊丹空港からで3泊4日で30,300円。往復航空券とホテル(朝食付き)がセットになったツアーを利用しました。観光がメインでなかったので、レンタカーは付けず。

ゆいレール

那覇空港からは、2階の連絡橋を通ってゆいレールの駅まで移動します。参考にゆいレールではイコカやスイカなどの交通系電子マネーは一切使用できません。唯一使えるのがオキカという沖縄のみのカード。

これだけ観光客がいるので、早急に改善してほしいですね。

ホテル最寄りの旭橋駅

ホテルの最寄り駅は旭橋駅。那覇空港から5駅、260円です。那覇バスターミナルも隣接していて、国際通りへも徒歩圏内の立地です。ここからホテルへは徒歩5分程度の距離なので、アクセスは良好です。

歩いてすぐに『GRGホテル・那覇東町』に到着。ホームページにはヨーロッパ建築の流れをくむとあった通りの外観です。

エントランスは大理石調で高級感もあります。

フロントとロビー

1階ロビーとフロントです。落ち着いた雰囲気で、リーズナブルな価格ですが高級感もあります。今回は競技で使う自転車も持ち込みましたが、組み立てたものをフロント横のスペースに施錠して預かってくれたりと、宿泊以外のサービスも良かったです。

フロント向かいにあるエレベーターは2基。

シングルに宿泊。部屋は一般的な広さで、多少古さは感じますが、カーペットや壁紙は綺麗に保たれています。

アメニティーは歯ブラシやクシなど通常備えられているものです。

ベッドはセミダブルで、リラックスウェアが常備されています。WiFiも使用できます。

水回りはユニットバスとなっています。広さは一般的ですが、シャワーの水量は十分で、シャンプー等がPOLA製だったのでここは高ポイントです。

ドア付近にハンガーと姿見を設置。

朝食は無料で付いているので、種類は少ないですが必要十分です。ソフトドリンク、コーヒー、紅茶やパンにおにぎり、野菜サラダやゆで卵。ご飯とお味噌汁もあります。

沖縄のアイス、ブルーシールアイスも食べ放題です。

今回は、アクセスと価格重視での宿泊でした。古かったり、内装がいまいち等の安いホテルだとありがちな不満は全く無く、快適に宿泊することができました。

立地もゆいレール旭橋駅から近く、国際通りも徒歩圏内です。ホテル近くにもステーキハウスや居酒屋の美味しいお店があり、レンタカーでなくても便利なホテルでした。

もしレンタカーが必要でも、ホテルで頼めば、コンパクトカーなら1日4,000円位で借りれるので、少し遠出したい場合は1日だけ利用するのもいいかもしれません。

スポンサーリンク