長島温泉・ホテル花水木、別館のグルメは? 夕食の懐石料理と締めのたんぽぽラーメン

スポンサーリンク

ホテル花水木別館に宿泊したレビューは以前紹介しましたが、食事を追加でアップしたいと思います。

旅館なので、夕・朝食は懐石料理。部屋食ではなく、食事用のフロアの個室へ案内されました。

本日の献立

お膳には料理長の献立表に本日の料理が書かれています。部屋担当の仲居さんが一品ずつ提供してくれます。

白魚豆腐と菜の花。

前菜は5種類ありますが、撮り忘れ。こちらは吸い物。魚のすり身に桜素麺が入っています。

お造り3種類。メインは伊勢エビの刺身。甘みがあってとっても美味しい!

みそ漬けの焼き魚。中からじわっと旨みが出てきます。

野菜とあいなめの煮物。湯葉もたまねぎも薄味で箸休めな感じです。

メインは和牛の陶板焼き。やわらかいお肉をポン酢でいただきます。

蒸しものの新緑饅頭。

最後にご飯となめこの味噌汁。ご飯は富山産のこしひかりでした。お米もとても美味しい。デザートはメロン。

夕食の懐石料理はどれも美味しくいただきました。お酒を飲む方にはちょうどいい量かもしれません。ボリュームか欲しい方には少し物足りないかも。

仲居さんも一品ずつ説明もあって、サービスもしっかりしていて良かったです。この後のホテルでの2次会には、要望に応じてお店の紹介や予約もしてくれ、さすが花水木の方って感じです。

1階にはこの『はまぐり茶屋』。居酒屋とラーメン屋と寿司屋が入っており、一度にどのお店の料理も食べることができます。

ということで、たんぽぽラーメンを注文。野菜と海鮮がたっぷり入ったあんかけラーメンです。ボリュームもバッチリ!

細麺にスープとあんかけがよく絡んで味も満足。飲んだ後の締めに食べに来ている方も多かったですね。

こちらは翌朝の朝食です。焼き魚メインの和食です。品数も多くて、ご飯も美味しい。特に味噌汁はしじみがたっぷり入っていて、出汁の塊!という感じでした。おかわりもできたのでもちろん2杯完食です。

旅館の宿泊は久しぶりでしたが、和食をゆっくり食べれるのはやっぱりいいですね。次はぜひ本館の方に宿泊してみたいです。

 

 

スポンサーリンク