三重県・長島温泉 ホテル花水木別館~広ーい和室と源泉かけ流しのお風呂

スポンサーリンク

長島温泉は木曽川と揖斐川に挟まれた河口にあって、ホテル、アウトレット、ナガシマスパーランドなどの長島リゾートとして有名です。

今回は、なばなの里のイルミネーションを目的に出かけ、ホテル花水木の別館に宿泊しました。

長島リゾートのホテルは、花水木本館・別館・ホテル長島・ホテルオリーブがあり、花水木が一番高級なホテルとなっており、別館は少しリーズナブルな価格設定となっています。

ロビーは本館・別館共通となっています。天井も高く、休憩スペースも含めて広い造りです。


別館へは中庭を挟んで反対側へ向かいます。長い通路にお土産コーナーが並んでいます。朝になると、地元の海産物などの特産品のコーナーも並びます。

バーやカラオケラウンジの横をさらに進んで行きます。

別館への途中にホテル花水木宿泊者用のお風呂『瀧の湯』があります。室内の大きな浴槽と、サウナ、外に露天風呂とジャグジーがあります。

部屋からタオルを持っていかなくても全て備えてあります。歯ブラシも

お風呂はここだけでなく、ホテル宿泊者は温泉施設の『湯あみの島』も無料で利用できます。こちらはたくさんの露天風呂やサウナ、岩盤浴(有料)も備えているので、ほとんどの方がこちらを利用されるんではないでしょうか。

今回は和室に宿泊です。

部屋に入ると廊下から畳敷きとなっていて、冷蔵庫・ポットなどのコーナーがあり、トイレと奥に洗面・浴室となっています。

廊下の右手が和室。

部屋は12帖とふすまを挟んで6帖のつづき間となっています。

窓側には4人掛けの椅子とテーブルが配置されていて、空気清浄器も完備。案内してくれた仲居さんが早速お菓子とお茶を淹れてくれました。

洗面は2人用でカウンターも広く使い易い。歯ブラシはビジネスホテルにありがちな安物でなく、とても使い易かったです。また、タオルも4人での宿泊でしたが、人数以上に用意してありました。

浴室は、お湯が出っぱなし!と思ったら、源泉かけ流しでした。大理石の造りで高級感もあり、部屋風呂のみでも満足できそう。

トイレはこんな感じ。広くて使い易い。

別館の印象は、建築からは年数が経っているので、多少は古い感じはありますが、清掃も行き届いているので問題なし。

お風呂は部屋のも満足ですが、瀧の湯や湯あみの里も利用できるので、早めにホテルへ到着して、全てをゆっくり周るのがおすすめです。

夕食と朝食は3階の個室でいただきました。詳細はまた次のブログで。翌朝は、布団の片づけの後に、仲居さんがお茶を淹れてくれます。こういったサービスは全てしっかりされていて満足できるものでした。

飲みたい方には、バー『傘亭』もありますし、居酒屋やラーメン屋、寿司屋もあるので夜食に困ることもありません。歌いたい方にはカラオケも。

長島リゾートで宿泊付きで楽しむには、早めにホテルに到着して過ごすスケジュールがベストだと思います。なばなの里は昼も夜もこの時期は楽しめるので、アウトレットなども含めると、2日間目いっぱい過ごすことができます。

スポンサーリンク