J-AIR(日本航空グループ)クラスJで伊丹~函館 搭乗。プラス1,000円で快適な空の旅(北海道ふっこう割)

スポンサーリンク

北海道ふっこう割を利用して、函館から札幌・小樽への旅行を計画し、飛行機はJALグループのJ-AIRで往復することになりました。

座席クラスは『エコノミー』で予約していましたが、当日チェックイン時に聞いてみると空席があったので『クラスJ』へグレードアップ。当日なら1,000円で広い座席を利用できるのでお得です。

往路は伊丹空港から函館空港へのフライトです。伊丹空港も到着フロアをリニューアルして間もないので、空港内を少し見学。

ワインの醸造施設のあるレストランもオープンしていました。


搭乗まで時間があったので、ラウンジへ。ゴールドカードでの利用です。

お昼前ということもあって、若干空いていました。ビジネスの方がほとんどで、個別スペースも多くあります。

ソフトドリンク、コーヒー等は無料です。今回は受付でクロワッサンをサービスでいただきました。

搭乗まで少し休憩するにはちょうどいいですね。新聞や雑誌も備えています。

定時より少し遅れて搭乗機材が到着。あわだだしく出発準備にかかります。

搭乗の機材でクラスJは15席。1-2で5列の配置です。エコノミーは2-2なので余裕があります。今回は最前列の右側の席となりました。全席革張りシートとなっています。


使用機材はE190(エンブラエル190)でクラスJ15席、エコノミー80席。

最前列なのでゆっくり足を延ばして座ることができます。

フットレストを備えているので、靴を脱いで快適に過ごすことができます。

ドリンクはコンソメスープ(右)をいただきました。野菜ジュース(左)やJALのみで提供されるスカイタイム(キウイジュース)もあります。

天気は快晴。長野県付近の上空からは雪に覆われた北アルプスが見えます。

キャビンアテンダントの方が常に乗客に気を配ってくれ、ブランケットも貸してくれます。また、温かいお茶もいただきました。

テーブルも大きめサイズです。国内線ではあまり使用する機会はないかもしれませんが、各席でパソコンの使用でも使いやすい。コンセントも各座席に備えてあります。

前方のトイレです。機体が小型なので背が高い方は若干狭いかもしれません。

津軽海峡から北海道上空へ。すべてが雪で真白!

1時間30分のフライトで無事函館空港に到着です。快晴だったので、ほとんど揺れることもなく着陸。滑走路以外は積雪があります。

クラスJは日本航空グループの機材に設定された座席で、ファーストクラス程は広くなく軽食の提供もありませんが、短い国内線を快適に過ごせるので、プラス1,000円というのはかなりお得だと思います。

事前予約すると1,000円以上の場合もあり、状況によって変更されるようですので、事前予約でこの価格なら間違いなく予約しようと思います。

エコノミーにくらべて座席は広く、前後の間隔も広いので、前席の方が多少座席を倒しても十分快適に過ごすことができます。

もし搭乗の機材にクラスJの空席があればぜひ予約してみてください。

スポンサーリンク