小樽・オルゴール堂~ノスタルジックな空間に並ぶオルゴール

スポンサーリンク

オルゴールを展示、販売しているお店は全国にいくつもありますが、北海道の小樽には建物から全体がオルゴールの雰囲気になっているお店があります。

オルゴール堂の全景

小樽観光でぜひ訪れたい『オルゴール堂本館』は、南小樽駅から徒歩で5分程度の場所にあり、ここから小樽中心部へ向かっての通り沿い、さらに運河へと続く付近が小樽観光のメインになっています。

小樽オルゴール堂本は館は明治45年に建築され、外壁が石造りとなっていて、小樽の街並みの中心となる建物です。

建物の中へ入ると大きな熊のオブジェが迎えてくれます。ちょうどクリスマス時期だったので、サンタやスノーマン、トナカイをデザインしたオルゴールがたくさん展示してありました。

店内は全てがオルゴール!店内は3階建てになっていて、3階ではオルゴールを手作りすることができます。また、2階には高いものでは数百万円もするオルゴールが展示してありました。

羽生弓弦のオルゴール

羽生弓弦のオルゴールも販売してありました。小さな紙袋に入っているデザインのオルゴールで2,500円くらいでした。デザインと音楽は2種類で、オリンピックで使用した清明の曲のオルゴールをお土産に購入しました。

このオルゴールはテレビでも紹介されていたので、在庫切れ寸前。5万円のオルゴールは品切れで、後日入荷ということでした。

ガラスのオルゴール。たくさん並ぶとかなりのキラキラ。眩しい!

こちらは全てガラス製でオルゴール本体が見えるようになっています。

宝石箱型のオルゴール。

メリーゴーランドのオルゴール。なかなかないデザイン。

小樽オルゴール堂はとてもたくさんのオルゴールが展示してあるので、見て回るだけでも楽しく過ごすことができます。

種類もとても多いので、オルゴールを購入したい方の好みにあった物が必ず見つかりそうな品揃えです。種類も値段も様々。

また、小樽には本館以外にも2号館や他にもいくつかあるので、時間があれば全てをじっくり見て回ることもおすすめです。

 

 

スポンサーリンク