『北海道ふっこう割り』まだまだ旅行各社からのプランが追加!まだあきらめるのは早い

スポンサーリンク

10月中旬頃から『北海道ふっこう割り』の補助金を使った旅行各社の周遊旅行プランの発売が開始されました。

周遊旅行の場合は、宿泊のみの場合に比べて飛行機や鉄道等を使用する分旅費が高くなりますが、補助金も最大35,000円まで使えるのでよりお得に旅行に行くことができます。

でも申し込む人が多く、ネット経由の場合はなかなか繋がらず、完売となる旅行会社もあったようです。

発売が開始された10月20日頃の旅行各社の状況はこちらを参考に

/

だだ、発売初期のころはまだ旅行各社でプランの調整がなかなかできていないために、発売プランが少なかったり、作成途中であったりと、会社によって対応が分かれていました。

1週間ほど経って、若干ですがプランが追加されたり、予告があったりしてきたので、まとめてみました。

JALパッケージツアーについては、JALダイナミックパッケージから10月29日(月)の10時30分から発売開始されます。

大手では一番遅い発売ですが、ダイナミックパッケージは普段は格安のクーポン等が購入できたりと、お得なツアーが多いので、発表が楽しみです。

JALふっこう割りページはこちらから

阪急交通社はホームページにプランが発表されています。だたし、各プランに適用されている補助金が15,000円のものが多いので、少しお得感に欠けていますが、3泊4日より2泊3日のプランの方が補助率は高いです。

ネットのプランでも窓口で申し込むことは可能です。

阪急交通社のふっこう割りページはこちらから

ANAの旅行会社ANAスカイホリデーはホームページでふっこう割り専用のページを設定していますが、パンフレットではなく、自分で日にちやホテル、飛行機等を組み合わせてプランを作成する方法です。

普段のようにパンフレットから電話等を使用して申し込める方が便利ですが、仕方ないですね。

だだ、お得なチケットも付いているので、自分でプランを組み立てることができる方は、金額的には安く旅行することができます。

ANAスカイホリデーのふっこう割りページはこちらから

日本旅行は現在は周遊プランは完売となっていて、宿泊補助のみ残っています。

周遊プランについては、羽田・中部発のプランのみ発売されていましたが、完売です。まだ関西発のプランが出てないので、今後他の都市からのプランが発売されることを期待したいです。

いつ発売になるかは分からないので、ホームページはこまめにチェックが必要です。

日本旅行のふっこう割りページはこちらから

HISはふっこう割りの専用プランを用意していましたが、ネット分は発売直後に完売していました。店頭でも同様のプランが発売されていたので、こちらは確認を。

10月28日(日)現在では、首都圏発と関西発のみが発売されていて、他の地域発は完売となっています。

関西では追加のプランが発表されているので、これからまだまだ発売されるのではないでしょうか。

HISのふっこう割りページはこちらから

JTBは現在のところホームページでは完売となっています。JTBは現在発売されているプランから条件に応じて補助金が差し引かれる方法で旅行プランに申し込むことができ、窓口で対応していたので人気があったと思われます。

今後追加のプラン等が出るかは不明です。

JTBのふっこう割りページはこちらから

JTBで申し込んだプランはこちらを参考に

/

/

 

 

スポンサーリンク