広島市・広島ワシントンホテルのレビュー~八丁堀中心部でアクセス良好・西日本ふっこう割りで宿泊

スポンサーリンク

西日本ふっこう割りの補助金を利用して広島へ旅行することになり、1泊6,000円の補助金を最大に活用できるホテルを選びました。

JTBのプランで6,400円だったので補助金を活用して1泊素泊まりで400円という激安でした。

広島ワシントンホテルは広島市中心街の八丁堀にあり、福屋・三越百貨店やお好み村、パルコなどが近くて買い物にも食事にもとても便利な場所です。

オープンが2013年なので外観も部屋もとても綺麗で、清掃もしっかりできています。

ホテルの1~3階はテナントになっていて、4階がフロントになっています。

ホテルの駐車場は南側にあって、機械式で係の方が常駐しています。宿泊客は1泊1,500円

チェックインしたのが夜だったので、1階のイルミネーションが綺麗に輝いていました。

フロントのカウンターは2カ所なので、時間帯によっては待ち時間が発生するかもしれません。


11月の下旬の利用でしたが、クリスマスツリーが飾られていました。

 


ロビーはとても広く、市内観光のパンフレットも置いてあるので、ここで食事や観光の予定を計画することもできます。

ロビーの奥にパソコンも有料(10分100円)ですが2台設置されていて、プリンターも常備されています。

もちろん、各部屋ではWIFIも完備されているので、スマホやパソコンも使用できます。

新しいホテルなので、エレベーターも非常に早くスムーズ、各階へは部屋のカードキーをかざさないと行けないようになっているので、セキュリティーも十分です。

予約したのはツインルーム。絨毯やドア、カーテンは黒基調で落ち着いた雰囲気で、料金以上に高級感もあります。

ドアを入ってすぐ左側に冷蔵庫とハンガーが完備されています。

冷蔵庫の向かいには洗面所があり、アメニティーは歯ブラシ、シェーバー、クシがあります。バスタオルとフェイスタオルとバス用タオルが置いてあります。

ベッドルームまでの右側が浴室です。

トイレとセパレートになっていて、浴槽も足を延ばせるくらい広いので快適でした。

浴室の向かいにトイレ。トイレも広く綺麗に保たれています。

ベッドはシングルが2つ配置されています。

液晶テレビが壁掛けで設置されていて、ソファーも2基あります。

飲み物はドリップコーヒーとお茶が2つずつ。もちろんポットの常備です。

空気清浄機はありませんが、ナノイー発生器があり、天井に放出口があります。他のホテルではあまり見かけないですね。

チェックイン時に1人1枚コーヒーチケットをいただきました。

ロビーにコーヒーマシンが置いてあるので、フロントにチケットを持っていけばカップがもらえます。宿泊している間は何杯も飲むことができるので、コンビニへ買いに行く必要もありません。

1杯ずつ挽きたてなので味も美味しかったですね。

今回は朝食は付けませんでしたが、食べる場合は1,500円となっています。

まとめ

オープンして5年位なので、まだまだ綺麗で、特に浴室が広くセパレートタイプだったので値段以上に満足感がありました。また、八丁堀の中心部に近いので、夕食のお好み焼きも徒歩1分以内に何店舗もあり、買い物にもとても便利な立地です。

広電の駅も徒歩5分もあれば八丁堀駅です。

/

/

 

スポンサーリンク