沖縄・那覇 創業60年以上の老舗、ジャッキーステーキハウス。

スポンサーリンク

沖縄は肉文化ということもあり、たくさんのステーキ店があります。特に那覇市内にはチェーン店も含めて多くが出店しています。

今回は1953年にオープンした老舗の『ジャッキー ステーキハウス』に行ってきました。

お店は、ゆいレールの旭橋駅から徒歩10分位の場所で街中にあり、駐車場も完備しています。人気のお店なので、常に行列ができるようですが、18時頃は満席で15分待ちくらいでした。

人気店だけあって、待合には有名人のサインもたくさん飾ってありました。

店内は基本的にソファー席で4人掛けとなっています。席数もたくさんあるので、行列があってもすぐに順番が回ってきます。

基本のメニューです。ステーキは、ヒレのテンダーロインステーキ、ロースのニューヨークステーキ。あとハンバーグステーキがメインとなっています。

価格はリーズナブルなようですが、1番人気のテンダーロインステーキの200gを注文。焼き加減も5段階から選べるので、ミディアムレアで。

すぐにセットのスープとサラダが運ばれてきます。あと、ライスかパンを選ぶことができます。

熱々の鉄板に載せてステーキが提供されます。付け合わせはフライドポテトとたまねぎ。

テーブルには数多くのソースなどが置いてあります。塩やコショウ、醤油、ソース。 せっかくなので、オリジナルステーキソースで食べることに。

ステーキはヒレ肉ですが、食べてみて期待以上でした。とても軟らかく、あっさりとしたお肉で500gくらいは食べれそう!ソースは酸味があり、ケチャップに近い味でした。この価格でこの肉質なら人気があるのに納得です!

一気に完食です。ヒレなら年配の方でも軽く食べることができそうです。次回はロースを試してみなければ。

他にも88グループややっぱりステーキなどたくさんのお店があるので、食べ比べも楽しいかもしれませんね。

スポンサーリンク