岡山・山珍の豚まん~大きな具材がゴロっとたっぷり!

スポンサーリンク

西日本ふっこう割りを利用した旅行で岡山市内に1泊することになったので、美味しいグルメをいろいろと検索していると、『豚まん』の美味しいお店があることが分かり、行ってみることにしました。

普段は関西なので551の豚まんですが、どんな味なのか楽しみです。

お店は『山珍(さんちん)』

中華料理のお店で、テレビの取材も多く受けていて、地元では有名なお店のようです。創業58年のお店で、岡山城から歩いて2~3分のところにあります。また、県庁や図書館も近いので分かりやすい場所です。


お店に入ってすぐ右側には持ち帰り用の豚まんやシュウマイ、ザーサイなどが置いてあります。1個340円で3個入りや10個入りで販売されています。持ち帰りは要冷蔵ですが、保冷剤も付けてくれます。

持ち帰り用も購入しましたが、お店で食べると蒸したてを味わうことができるので、もちろんできたても注文しました。

蒸したての熱々です!大きさは551の豚まんより若干大きいくらいです。(これは関西人しか分かりにくいかも?)

2つに割ってみると大きな具材がたっぷり入っています。具材はうずら玉子、角煮、たまねぎ、キャベツ、ミンチ、背油の6種類。すべて無添加の食材だそうです。

味付けは焼き豚を煮たあとの醤油を使ているそうで、すべての具材に味付けがされています。やっぱりインパクトがあるのはうずらたまごとたっぷりの角煮。

味付けは甘辛ですが、濃すぎないので2つ以上は食べれそうです。からしと醤油も付けてくれるので、好みで味付けもできます。551とはまた違った味わいで、また食べたくなる豚まんです。

ホームページを見ていると、この豚まんは通販もしていました。ただし、人気があるので2~3カ月待ちのようです。

こちらはメニュー。中華のお店なので、他にも多くのおかずもあります。

美味しそうなお弁当メニューも。次回は角煮を食べに来るのもいいかも・・

今回は、後楽園と岡山城を観光した後で歩いて山珍まできました。場所もすぐ近くなので、ここでランチを食べてから戻るのもおすすめの観光コースです。

後楽園側から見た岡山城。反対側まで歩くと山珍へ行けます。ここから15分くらい

後楽園はちょうど紅葉の季節。岡山城も川を挟んですぐの所にあり、チケットがあれば再入場可能です。

スポンサーリンク