スシロー:大手回転寿しのコスパや実力は?

スポンサーリンク

低価格を基本とした大手の回転寿しチェーンのスシロー。他にもくら寿司やカッパ、浜寿司などがありますが、最近はTVなどでも紹介されることも多くなっているので、久しぶりに(10数年ぶり?)に行ってみました。

最近はスマホのアプリで予約もできるようになっているので、早速アプリで予約。開店時間ちょうどくらいに行ったので、そのまま並ばずに入店。混み合う時間帯なら便利なシステム。

テーブル席に案内され、寿司レーンには半分くらいの寿司が周っていて、各席には注文用の固定されたタブレットにメニュー、ガリ、お茶、醤油などが置かれています。

スシローのお茶は粉末で、お湯を注いで溶かすタイプ。だだし、お湯を入れるレバーが結構硬いので注意が必要(改善の余地あり)

レーンの上方にお手拭きが置いてあり、ワサビはレーンに流れてきます。

お寿司のメニューは、ほとんどが100円で150円が15種類に300円が4種類。

冬限定でのメニューも。

一通りメニューを確認して注文へ。タブレットへ入力すると(少し反応が鈍い)レーンに注文用の皿に乗って出てきます。

まずは定番のマグロ。人気の商品なので100円でどの位の味か楽しみにしていたけど、冷凍なのは仕方ないが身は薄く、解凍の技術のせいか食感もあまり良くなかった。これなら150円で質を上げるか、100円1貫で提供する方がいいかも。メインのネタなので工夫が必要。

次は冬ネタの寒ブリ。マグロの件があったのであまり期待していなかったが・・身は厚く、脂は少なめであっさり、歯ごたえもあって、100円で2貫はコスパ抜群。これでこそスシローと言えるでしょう。脂ののった身が好みなら大トロぶりがおすすめ。

イカは少し薄めだが、100円なら十分。身も甘みがあってOK

150円のタイ。値段設定は上がりますが、厚みがあって鮮度もよく美味しい!この価格帯ではベスト。

たこ(ゆで)はネタと価格は相応かな。100円は難しいか?

白とり貝はこの価格で2貫は回転寿しならでは。こりっと歯ごたえもあって十分な味。

この日はてんこ盛り祭で普段よりネタが多く設定された寿司も。

ダブル盛りかつお。通常のネタに小さめのネタが乗っていました。100円ではこの量が限界か?もう少し欲しかった

どか盛りねぎまぐろ。通常より盛り上がったネタで量も十分。

他にもてんこ盛りメニューが。甘えびが売り切れは少し残念でした。

こちらは焼きたらこ。マヨネーズともOKでした。ネタも大きくたらこがしっかり味わえます。

サイドメニューもラーメンやうどん、揚げ物もあります。今回は注文しませんでしたが、最近の回転寿司はサイドメニューにも力を入れているので次回は試してみます。

スシローは価格以上に美味しいネタも多くあって、特に寒ブリやタイは満足いくものでした。ただ、ネタによって落差が大きく、アナゴやウナギは薄く味もいまいちで無理に価格を抑えるために残念な感じでした。

100円が基本なので、あまり高い価格設定は難しいでしょうが、味と価格のバランスはスシローの努力を期待したいですね。

 

スポンサーリンク