ふるさと納税の今年分は12月まで。まだの人は早く検討を!~高還元率の旅行券もまだまだ返礼品に設定されています

スポンサーリンク

今年はふるさと納税の高還元率について政府が規制を検討し始めたりと、いろいろと話題になりました。このブログでも特に旅行に関する返礼品について書いてきましたが、今年の寄付については12月までなので、まだ寄付をしていない方は検討を急いでください。

おそらく来年度の国会で法改正が行われそうな雰囲気なので、返礼率が50%以上というようなものは無くなり、全てが30%以下に落ち着きそうです。

しかし、自治体の中には現時点で総務省の要請に対して、返礼率を下げずに高返礼率の品を続けているところもあります。ぜひ今の内に寄付をしておいしい返礼品をもらうことをおすすめします。

私は9月に和歌山県の高野町に寄付をして、返礼率50%の日本旅行ギフトカードを申し込みました。12月に順次発送されるので、間もなくの到着を楽しみに待っています。

旅行券等についてはふるさと納税を扱っている専用サイトによって異なりますが、現時点で把握している自治体を紹介したいと思います。

おすすめは『ふるなび』ここは扱っている自治体は比較的少ないですが、高還元の旅行券があります。

和歌山県高野町

私も寄付をした自治体ですが、日本旅行のギフトカードを9月は1カ月の期間限定でしたが、11月にも設定していて、さらに12月もまだ取り扱いをしています。もちろん還元率は50%

大阪府熊取町

こちらも還元率50%で、近畿日本ツーリストの旅行を扱っています。期間は設定されていませんが、早く申し込む方がいいと思います。

高知県四万十市

同じく還元率50%で、エアトリの旅行券を扱っています。エアトリは大手旅行会社に比べるとマイナーですが、格安航空券やツアー、ホテル等幅広く購入することができます。

静岡県小山町

旅行券以外で、まだ返礼品が何がいいか迷っている方におすすめなのが、Amazonのギフト券。還元率は40%と少し落ちますが、ギフト券をもらってから商品をAmazonで探せばいいので、とりあえず寄付金の控除を受けておくのには良い返礼品です。

以上を紹介しましたが、『ふるなび』で寄付をすると今ならAmazonのギフトコードが寄付額の2%さらにもらうことができます。旅行券なら実質52%、Amazonのギフト券なら実質42%の返礼率となります。

また、自治体によっては10%以上のギフトコードを設定している所もあります。返礼率30%を守りながら実質の返礼率を高くする、サイトと自治体との工夫かもしれませんね。

他の納税サイトでは、有名な『ふるさとチョイス』でもJTBやるるぶのクーポン、JALのクーポンなども取り扱っています。こちらは還元率はふるなびより低くなりますが、取扱い自治体はかなり多くなっています。

ここですべては紹介できませんが、年末に向けてまだまだお得な旅行に関する返礼品がありますので、検討してみてはいかがでしょうか?

http://

/

/

http://

/

 

 

 

 

 

スポンサーリンク